子供の身長が伸びる?!今注目の「アルギニン」とは?

アルギニンとは、天然のアミノ酸のひとつで
成人の場合体内で生成されるため非必須アミノ酸といわれていますが、
年齢によって変わる特殊性をもっています。

Ice-Cube-with-Green-Leaves-in-Water1

思春期を迎える前の子供、またはお年を召された方は
充分な量が体内で生成されないのです。
つまり子供や老人にとっては、外部から積極的に取り入れる
必要がある必須アミノ酸ということになります。

アルギニンの働き

アルギニンの最も大きな仕事の一つが、
成長ホルモンの分泌を促進する働きです。
骨や筋肉を作りものであり、子供の身長を伸ばすには欠かせません。

 

その他にもインスリン分泌を促進し血糖値を下げたり、糖尿病を予防する働きや、一酸化窒素を生成し、血流を良くしたり肝臓を保護する働きもあります。

 

アルギニンを摂取することで細胞レベルから体質改善が見込めます。
生活習慣病の予防やアンチエイジングなど、
老若男女問わず体内で活躍してくれるすごいアミノ酸なのです。

大事なのは
子供の間は体内で生成されにくいため外部から積極的に取り入れる必要があります。
(アルギニンを十分摂取するには?⇒)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す