食品からみるアルギニンの含有量は?

子供の成長に欠かすことのできないアミノ「酸アルギニン」は、私たちが普段口にしている食品にも含まれています。

 

buta1

例えば豚肉や鶏肉。
可食部100gあたりに1000mg~1500mgのアルギニンが含有されています。

natto1

他には畑のお肉と言われる豆類。
例えば納豆には、1パックあたり470mgのアルギニンが含まれています。

 

あと珍しい食品としては、
南米原産のマカや、タイ原産のクラチャイダム(黒ウコン)にも
非常に多くのアルギニンが含有されていることがわかっています。

mkc1

これら古来の天然植物は昔から現地の人達に愛されており
健康維持、滋養強壮などにも効果が高いとされていますが、
ハーブ類などの植物は実はまだ医学的にもその効能効果が
はっきりと立証されているわけではありません。

副作用などは今のところ報告されていませんが、
子供に摂取させるには少し不安的な要素が多すぎます。

 

それよりも私たち親が普段の食事から出来るだけ子供に
アルギニンを摂取させてあげるように心がけることが大切です。

サプリメントという賢い選択
どうしても食事からだけでは難しいというご家庭は、
子供用のアルギニンを含む健康補助食品を摂取させてあげることで
効率よくお子さまの身長を伸ばすサポートができます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す