子供の身長が伸びる3つの時期

子供の身長が伸びる期間は大きく分けて次の3つです。

Increase-icon

乳幼児期

最も伸び率が高いのが、産まれていから生後1年間。
身長は1年間で約1.5倍、体重は約3倍になると言われます。
成長率を向上させるために、乳児期はアラキドン酸とDHA入りの粉ミルクを飲ませて、
7~8ヶ月以降は、必須アミノ酸、アラキドン酸、亜鉛を豊富に含む肉や
固ゆで卵黄などの食べ物を食べさせるようにしましょう。

前思春期

男の子は3才~10才頃、女の子は3才~9才頃。
この時期は、男女ともほぼ一定の成長をする時期です。
この時期に成長率の大きな変動が見られた場合、
脳腫瘍による成長ホルモン分泌不全性低身長症、後天性甲状腺機能低下症、
思春期早発症などの病気である可能性があるので
専門医をに診てもらう必要があります。

思春期

次によく伸びる時期が成長期(思春期)です。
一般的には男の子は11才~16才、女の子は10才~14才と言われています。
時期は違えど、男女ともおよそこの最後の成長期で到達した身長で
その後の一生を過ごすことになります。

一番大切な思春期
この時期にこそ、親が子供に身長を伸ばしてあげるために
最大限の注意を払う必要があります。
しっかりと正しい栄養、運動、睡眠の知識を身に付け、
子供の成長に悪影響を及ぼさない生活環境を作ってあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す