カルシウムサプリメントは子供の身長に効果なし?

身長が伸びるということは、骨が伸びるということ。
みなさん骨を伸ばす栄養素というと、何を思い浮かべるでしょう?

Animals-Dog-Bone-icon

昔からイメージとして定着しているのが、
「骨=カルシウム」という図式ですよね。

 

骨はカルシウムで出来ていると考えられている方が多いと思いますが、
実は骨の体積の半分はタンパク質である「コラーゲン」で出来ています。

カルシウムやマグネシウム、ビタミンDは
骨を強くする作用はありますが、
骨の成長を促すものではありません。

そして最近では、子供の身長を伸ばす効果があるとして
カルシウムサプリメントが販売されていますが、
私はあまりおすすめできないというのが正直なところです。

 

その理由は次の2つです。

体内に吸収されにくい
カルシウム単体では体に良くない

 

体内に吸収されにくい

市販のカルシウムサプリメントの多くは、
貝殻や卵殻を原料とした「炭酸カルシウム」です。

炭酸カルシウムはもともとカラダに吸収されにくいうえ、
純粋なCa(カルシウム)だけを取り除いたとしても
その量の1/4程度しか含まれていません。

つまり体に必要なカルシウムをサプリメントのみで
摂取しようとすると、おそらく記載されてある服用量の
4倍ほどの錠剤を一日に飲まなければなりません。

 

カルシウム単体では体に良くない

カルシウムだけを摂取すると、血管が硬くなったり心臓病のリスクが
上がると最近の研究で分かっています。

そこで、カルシウムを摂取する場合には、
マグネシウムと一緒に摂取することが非常に大事です。
摂取する比率としては、
「カルシウム2:マグネシウム1」または、
「カルシウム1:マグネシウム1」が理想とされています。

 

これらのことから考えると、
やはりカルシウムを摂取することは大事ですが、
サプリメントに頼るよりも食品から摂取するほうが
よっぽど効率が良く体にも優しいことがわかります。

手間と愛情を
牛乳、小魚、野菜類、多くの食品に
良質なカルシウムが含まれています。
お子さんの成長を願うならば少々手間はかかりますが
お母さん方の愛情のこもった手料理を食べさせてあげてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す